京橋富士歯科医院

帝京大学医学部附属病院 連携登録医院

八重洲口徒歩5分 京橋富士歯科医院

MENU
日時予約はこちら
八重洲口から徒歩5分
日時予約はこちら

日常の外傷・歯槽膿漏・歯周病・口内炎・舌炎

Pyorrhea, Periodontal disease, Stomatitis, Glossitis

日常の外傷

  • 保険適用

「顎顔面外傷」は、顔の皮膚・口の中の粘膜の損傷、顎顔面骨の骨折、歯の破折、歯の脱臼など顔面に負った外傷のことです。原因は、交通事故、作業中の事故、転倒、殴打など様々です。
負傷した部位にもよりますが、審美面での変化も問題となります。早期治療を行うことで機能・審美性の回復も可能ですので、お早めにご相談ください。

歯周病

  • 保険適用

歯周病菌を減らすことで歯周病を改善し、歯をなるべく残す治療を提案します。
歯周病は、虫歯よりも歯を失う確率の高い病気ですが、初期には“自覚症状が無い”ため、どうしても発見が遅れがちになります。 歯周病の治療は、SRP(スケーリング)や薬剤などを使用して菌を退治することが基本。症状によっては外科的処置を行なうこともあります。
ただし、歯茎の奥深く付いた歯周病菌を全て無くすには、相当の時間と根気が必要となります。
いつまでも丈夫な歯を保つためには、医院での定期健診と毎日のしっかりとした予防ケアが大切です。

口内炎

  • 保険適用

「口内炎」は、その名の通り、口の中やその周辺の粘膜におこる炎症の総称です。主に頬の内側をはじめとする広い範囲に発生する炎症で、多くが痛みを伴います。ひとつだけでなく、いくつもできたり、長引く場合もあります。
口は、食事や呼吸、会話などで外部に接する器官だけに、ほこりや細菌、ウイルスなどの影響を受けやすく、口内炎を引き起こす原因もあらわれる症状もさまざまです。
「口内炎」とひとくくりに呼ばれていますが、軽度なものから重度なものまで、いろいろな症状があります。
食事がしみやすいものの痛みがあまり強くなく、粘膜に赤い腫れやところどころにポツポツと斑点や浮腫ができるのは、比較的軽症の口内炎と言えます。中でも最も多いのがアフタ性口内炎と呼ばれる症状。白か黄色の膜で覆われた米粒くらいの潰瘍ができ、食べ物がしみることがあります。通常1~2週間で治まりますが、繰り返しできる場合もあります。
重度になると、びらんと呼ばれるただれや、白い膜が覆ったり、盛り上がりやえぐれた穴や水疱ができる場合も。食事や会話もできないほどの痛みを伴い、出血がみられる場合は重症の口内炎が考えられます。

舌炎

  • 保険適用

舌炎を起こした舌のほとんどは、ビタミンB2の不足が原因で、舌背の全面を覆う糸状乳頭が減り、表面がツルツルになります。そのため、刺激を舌が直に受け、腫れや痛みを感じやすい状態になっています。胃腸の病気が原因で起こる舌炎は、慢性化しやすい一方、症状は比較的軽く、ヒリヒリと痛む程度であることが特徴です。
   また、慢性化した舌炎は、耳上乳頭といわれる部分が炎症を起こし、傷が原因で起こる実質性舌炎、傷口から細菌などに感染することで、大きくはれ上がり、食事などに支障が出るほどの痛みを伴います。

埋伏智歯(親知らず)

  • 保険適用

親知らずは、みがきにくい場所にあるため、みがき残しが原因でむし歯になりやすい歯です。
生まれながらに親知らずが生えない方もいますし、レントゲンを撮って初めて、歯ぐきの奥の方にあることがわかる方もいます。
生え方が悪いと、隣の歯に当たり痛みが発生することがあり、抜歯をした方が良い場合もあります。当院では正確な診断と治療を行っております。一度ご相談ください。

© Kyobashi Fuji Dental Clinic